お問い合わせ ENGLISH 中文 한국

【スイス留学】正規留学サポートのお客様の声(ローゼンベルグ)

9月から、ローゼンベルグ校に留学しているお子様の持つお客様から、FESのサポートに対する声をいただきました。
ローゼンベルグ校についてはこちら

====
グローバル化が進む現在において、英会話スキルの獲得は必須と言っても過言ではないこの時代。「将来」というに大きな可能性を持つ若い息子には、かねてよりなんらかの形で海外留学を経験して欲しいと願っておりました。また、早い段階で親元を離れ自立した生活を営むことも人間として大きな成長になると思っていました。
中学卒業を半年後に控えた際に、国内の高校進学とスイスへの留学の選択肢について話をしたところ、息子本人より「留学をチャレンジしたい」という言葉が返ってきた時は、両親として、僅かながらにも息子の成長を感じられた瞬間でした。
息子本人の意思は固まったものの、具体的な留学先やスイス国内の情報は皆無。友人の勧めと取引銀行の紹介により、FESさんをご紹介いただき、初めて河野さんにお会いしました。印象的であったのは、「息子さんと二人きりで話がしたい」という言葉でした。 緊張して黙っていた息子本人の意思確認だったのかと推測していますが、この面談で息子と河野さんの信頼関係の一歩が築かれたのではないかと感じています。
その後もスイス現地での学校訪問に始まり、学校選択や入試、さらには渡欧までの期間の英語の勉強方法等についても極めて親身にご対応いただき非常に感謝しております。日本・スイス間では時差があるにも関わらず、Eメールやline、さらにはインターネット通話 によりクイックにご対応いただき、両親としてのストレスも大幅に緩和されました。さらには、世界的なコロナ渦の現状において、欧州やスイス国内の情報をスムーズにご連絡頂けたことは大変助かりました。
スイスへの留学をご検討の皆様は是非、FES さんのお話を聞かれてみてはと思います。初めて親元を離れて、初めての海外留学というパターンが大半と思います。ここで重要になってくるのは、留学する本人(子供たち)の心理的サポーターの存在だと思います。
FES の河野さんはご自身も海外留学経験者であり、子供たちの気持ちもよく理解してくれますし、アフターフォローも万全に対応して頂けます。 親とは「縦の関係」。友人兄弟が「横の関係」とするのであれば、息子にとっての河野さんはなんでも相談でき、親兄弟や友達とも一線を画す良き相談相手となる「ナナメの関係」であると認識しています。
息子の留学という冒険の本番はこれからですが、今後とも末永いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。
(Family S様)
====

お問い合わせはこちら

【スイス留学】正規留学サポートのお客様の声(ローゼンベルグ)